女性のひげ(産毛)処理|私のおすすめはコレ!

女性のひげ(産毛)処理にとってもお勧めな【ノイス】

こんにちは、最新の “キレイになるための情報” をお伝えする「Recommend Style」の横山です。

今回は、女性のひげ(産毛)処理にとってもお勧め【ノイス】をご紹介したいと思います。

女性のひげ(産毛)が濃くなる原因は?

「ひげが生える」というと男性のイメージですが、最近はひげが濃くなったことを悩む女性がたくさんいますし、男性から女性のひげが気になる、という意見もよく聞かれるようになりました。

もともと女性にも、唇の両端、上唇と鼻の間、顎の先など、産毛は生えている訳ですから、色の濃さ次第ではこれがかなり目立つ「ひげ」になってしまうことがあり得ます。

とは言え本来であれば、女性のこういった産毛は色が薄い上、細く短いものです。

生えてたとしても、何ら目立つ物ではありません。

そんな産毛がひげとして目立つようになり、悩みの種になってしまう原因は、女性ホルモンにあります。

女性ホルモンの働きの一つに、髪の毛など一部を除く体毛を薄くするという効果があり、顔の産毛はホルモンの働きによって細く、色も薄くなるよう抑制されています。

そのため、女性ホルモンの減少が発生し、なおかつ減少が長期間にわたるようなことがあれば、本来なら薄く生えてくるはずの顔の産毛が、一目で分かるほどに濃くなってしまうのです。

加えて、男性ホルモンの増加も「ひげ」が生える、濃く、なる原因に数えられます。

男女間でホルモン量はもちろん異なりますが、女性にも男性ホルモンは存在します。

ホルモンのバランスが崩れる、とよく言われていますが、一つにこの男性ホルモンとの相対的なバランスが挙げられるのです。

体毛については二つのホルモンが働きかけ合っているので、一方の分泌量が減少すればもう一方のホルモンの影響が大きくなります。

男性ホルモンの体毛への影響は、女性ホルモンの真逆と言えます。

つまり、頭部など一部を除く体毛を濃くするのです。

濃くなる体毛には口周りの産毛、ひげも含まれますので、相対的に男性ホルモンの量が増えれば、男女の別を問わずひげは生えてしまうものなのです。

また、男性ホルモンはストレスや生活環境の変化によっても分泌量が変わってきます。

何日も寝不足の状態が続いていたり、どれだけ眠っても疲れが取れていなかったり、仕事やプライベートでストレスを感じているなどの状態であれば、分泌量が増えるため注意が必要です。

他にも男性ホルモンの分泌量が増える原因として、偏食や栄養不足、体の冷え、眠る直前までスマートフォンやテレビをつけっぱなしにして、脳を興奮状態にしている、などの行為が挙げられます。

特に最近はスマホの普及によって睡眠の質が低下しがちです。

休息の質が落ちると、一日の疲労やストレスをリセットできず、翌日に持ち越すことになります。

何気なく眺めているだけ、皆がやっているから、と安心していても、これらは女性ホルモンの減少にも影響する生活習慣ですので、長く続けていればより問題は深刻化するでしょう。

このように、口周りの産毛がひげになる原因は、言ってしまえば健康上悪影響を及ぼす生活習慣なのです。

どれも一般的に指摘される内容であって、特別なものは一つもありません。

普段何気なくやってしまう、という習慣も定着することで、目に見える形の影響が出てしまうということなのです。

女性のひげ(産毛)処理のNGはコレ!

顔の皮膚は、体全体の中でもとりわけデリケートな部位です。

そのため、処理の方法そのものは一般的なムダ毛の処理と同じでも、強い刺激を与えることで、肌荒れや、場合によっては皮膚炎を起こしてしまうことがあります。

これらの肌トラブルはシミが定着する原因にもなってしまいますので、他のムダ毛処理のときに問題がなかったからと言って、同じようにお奨めすることはできません。

具体的なひげの処理方法としては「毛抜きを使った脱毛」「カミソリを使った剃毛」「クリニックでの脱毛処理」の三つが定番です。


毛抜きを使った脱毛

まず「毛抜きを使った脱毛」ですが、これは毛根ごと引き抜くやり方なので、カミソリを使ったときのようなザリザリとした感触が残らず、手触り良く仕上げることの出来るひげの処理方法です。

毛根ごと抜き取るので、次に生えてくるまでのインターバルも長く、眉やわきのセルフケアとして取り入れている方も多く、一般的なケア方法と言えるでしょう。

しかし、この方法で口周りの産毛を抜こうとすると、思いのほか痛みが強く驚くことになるはずです。

唇の回りの産毛は皮膚に食いつくように生えており、物理的に引き抜こうとすると、毛根が内側から皮膚を引っ張る力がとても強くなからです。

それでも、抜くこと自体は痛みさえ我慢すればさほど難しくもありません。

問題なのは、強い負荷をかけて抜くことで、皮膚の内部が炎症を起こしてしまうことです。

毛抜きで皮膚を間違ってつまんでしまった場合の刺激も好ましくありませんが、内部に起きた炎症は沈静化するのに長い時間がかかります。

目に見える症状としては赤みや腫れ、程度によってはしばらく痛みを伴うこともあります。 長く続けていけば刺激によって色素沈着が起こり、シミの原因にもなるでしょう。


カミソリを使った剃毛

続いて「カミソリを使った剃毛」ですが、こちらは一転して内部の炎症ではなく表層のカミソリまけと呼ばれる炎症が問題になります。

深部を傷つけない分マシに思えるかもしれませんが、剃毛をしても毛根はそのまま残っているため、新たに生えてくるまでの期間がとても短いのが難点と言えます。

インターバルが短いとそれだけ頻繁に処理をしなくてはなりません。

手間がかかり面倒なのはもちろん、肌を休める間もなく次の刺激を与えることになり、恒常的な肌荒れの大きな原因になり得ます。


クリニックでの脱毛

最後は「クリニックでの脱毛」」です。

上述した二つの例と違い、きちんと施術を済ませてしまえばもう二度と生えてこないというメリットがあります。

デメリットとしては、高い効果を望める反面、相応の対価とリスクがあることが挙げられます。

クリニックで行われるひげの処理としての脱毛は医療レーザーを用いたもので、個人差こそありますがほとんどの人が痛みを感じています。

また、危険性はさほど高いものではありませんが、火傷のリスクについても必ず説明がされるように、可能性がゼロとは言い切れませんし、高い効果を望めるだけの施術回数をこなすには、数万円から十数万円の資金を必要とするケースもざらにあります。

そのため、気軽に試してみる、とはいかないのが欠点と言えます。

女性のひげ(産毛)対策におすすめは【ノイス】!

女性のひげの処理方法として注意したい点は、まず何よりも低刺激であることです。

手軽に試すことのできる毛抜きやカミソリを使っての脱毛、剃毛は、手軽さに反して皮膚への負担が大きくおすすめ出来るものではありません。

そこで、低刺激でありながら手軽にできるセルフケアとして、お勧めしたいのが『ノイス』という商品なんです。

ノイスは、女性のひげ(産毛)が生える原因は女性ホルモンの低下によるものだと着目し、たんぱく質分解酵素と3つのダイズ成分によるムダ毛ケアを実現しています。

まず、タンパク質分解酵素で古い角質や老廃物にアプローチをかけます。

そして次に、女性ホルモンの働きがあるとされる、イソフラボン・黒ダイズエキス・進化したイソフラボン「エクオール」でムダ毛をケアします。

それに加えて、ザクロエキスやプエラリアエキスも贅沢に配合されており、さらに女性のひげをケアします。


また、肌にやさしい多種類の植物由来成分を配合した「フェリニーブ」という成分により、使い続けるほどにすべすべな美肌に近づくことが出来るのも特徴です。

脱毛ケアにつきものの皮膚内外の炎症を抑える成分としては、ゴレンシ葉エキス・ノイバラ果実エキス・テンチャエキス・アルニカ花エキスが配合されています。

これら天然由来成分の働きによって、毛を処理した後の肌をやさしくいたわり、さらに毛穴を引き締める効果や、余分な皮脂の分泌を抑制する効果が期待できます。

これら以外にも、トリプルヒアルロン酸や水溶性コラーゲンによる保湿ケアや、ビタミンC誘導体やヒナギク花エキスによる毛穴の黒ずみ防止など、美肌へのアプローチが盛り込まれています。

このように『ノイス』は、従来のセルフケアと違ってムダ毛ケアとスキンケアを同時に行うことが出来るアイテムになっているのです。


使い方もシンプルで、適量を気になる部分にさっとひと塗りするだけです。

忙しい日も気兼ねなくケア出来ますし、もし肌に合わない、効果が感じられないなどの不満があれば返金対応してもらえるので、気軽に試すことが可能です。

また、ノイスには香料・合成着色料・着色料・パラペン・紫外線吸収剤・アルコールなど、肌に刺激を与える成分が含まれていません。

そのため敏感肌の人でも安心して使用することが出来ますし、銀や水銀、ニッケルといった金属も含まれていないので、金属アレルギーにも配慮がされています。

口周りの産毛が目立つようになっても、常に露出するパーツですから隠すことは困難です。

しかし、セルフケアでは肌トラブルを招きかねないという問題がありました。

ノイスは、使用方法こそ気になる部分にクリームを塗るというセルフケアですが、ムダ毛ケアとスキンケアを並行して、しかも洗い流したり拭き取ったりする手間もかけず手軽に行うことが出来ますし、肌の色が明るくなる、ファンデーションのノリが良くなる、肌のきめが整いなめらかになる、などの美容効果にも期待が持てるのです。

ノイスはこのように、高い効果を発揮しながらも、ケアの方法はクリームを塗るだけという手軽さが魅力です。

忙しい日々のセルフケアですから、ストレスなく続けられるというのは大きなメリットと言えるでしょう。

【ノイス】の体験談








まとめ

口周りの産毛が目立つ原因には、生活習慣が深くかかわっています。

仕事やプライベートが忙しく、体に負担がかかりすぎるとホルモンバランスが崩れ、女性であってもひげが生えてきてしまいます。多忙な現代社会では、今後も増えていく可能性の方が高いでしょう。

眉やわき、あるいはデリケートゾーンのように自分で処理をするにしても、セルフケアは多くの人が実感する通り、肌トラブルを招きやすいものです。

毛抜きでムダ毛を抜いたら腫れて痛みが出てしまった、カミソリまけして湿疹が出てしまった、あるいは間違って皮膚を傷つけて痕が残ってしまった、等々枚挙にいとまがありません。

服で隠れる部分なら治るまで待つことも出来るでしょうが、顔は他のパーツと違い常に人目につく場所でもあるため、わずかな失敗でも目立ちやすいものです。

一般的な毛抜きによる脱毛では毛細血管を傷つけ、皮膚の内側に炎症を起こしてしまいますし、カミソリによる剃毛も金属でかぶれてしまうなどの問題があり、安心してケアできるとは言い難い状況です。

また、一度生えた産毛を自然に抜ける前の段階で無理やり処理してしまうため、皮膚の内側で毛が伸びる、埋没毛などのトラブルも起こりやすくなるでしょう。

いずれの場合も、敏感肌であったり金属アレルギーであったりなど、もともと肌にトラブルを抱えている人にとってはハイリスクな方法と言えます。

ひげ(産毛)の対策として、第一に必要となってくるのはムダ毛のケアですが、同じくらい重要になるのがスキンケアです。

ムダ毛のケアで発生した炎症を、抑えるためのアプローチですね。

ムダ毛が目立たなくなっても、それに代わって肌が荒れてしまったのでは意味がありません。

ところが、従来のムダ毛のケアは皮膚への負担が大きく、また一定のサイクルで続けることによって、肌トラブルを定着させてしまいかねない問題があります。

毛抜きでもカミソリでもムダ毛をケアし終わったら、これらとは別途に肌の炎症を抑えるためのスキンケアが必要になるのです。

忙しい日々の中で両方のケアをするのは手間がかかりますし、これではケアすること自体がストレスになってしまいます。

ひげ(産毛)の濃くなる原因の一つに、慢性的なストレス、過度なストレスが挙げられる以上、可能な限りわずらわしい手間は排除するべきです。

こうしたことから、ひげ(産毛)対策としてノイスが優秀な理由は、ストレスなく、そして最大限の効果を期待できる点にあると言えます。

単に高い効果が期待できるというだけでなく、敏感肌の人でも金属アレルギーの人でも、安心して使用できますし、ひげ(産毛)の気になる部分に塗るだけという手軽さが、日常のケアに取り入れやすくなっているのです。

ノイスはムダ毛への対策としてだけでなく、美肌効果の期待できる成分がいくつも配合されているので、毎日の、朝晩のスキンケアに組み込みやすく設計されています。

毎日のスキンケアにプラスするだけであることに加え、クリームを塗るというワンアクションで工程が終了するのも大きな魅力と言えるでしょう。

ノイスは簡単に使うことが出来て、肌にやさしく、もちろん、本命の効果であるひげ(産毛)へのアプローチにも期待が持てるアイテムなのです。


購入サイト

女性のひげ(産毛)処理【ノイス】公式サイトはコチラへ


■LINK■